希望に合う投資をしたいならシノケンハーモニーを利用しよう

男性

資産形成のために

説明

サラリーマンなど給与所得者でも気軽に始められるマンション投資が人気を集めています。大きな資金を持っていなくても始められるという点が大きなメリットで、ほとんどのマンション投資家はローンによって物件を購入しています。投資用物件購入用のローンも数多くあり、中には頭金ゼロでもOKのローンもあるほどです。投資家は家賃収入によってローンを返済するため、ローンを完済すると資産としてマンションが手元に残り、その資産を基に新たな借り入れを行い新たにマンション投資を行うことで大きな資産を形成しているサラリーマンも少なくありません。購入した物件の減価償却を所得から差し引き、節税できるというメリットも見逃すことはできません。

もちろんすべてが簡単に行くわけではなく、いくつかのリスクを考慮しておくことも大切です。一番のリスクは空室リスクで、住人の入退去に伴う入れ替えの時期にどうしても家賃の入らない空白の期間が出来ることは避けられません。新たな入居者がなかなか見つからないとその間は家賃収入が途絶えるため、ローンの返済だけを行わなくてはならなくなります。そうしたリスクを避けるためには物件の立地や状態が大変重要となるため、自分が住みたくなる物件か、よく検討してマンション投資を行わなくてはなりません。また、手数料がかかっても管理会社を通して家賃保証等を付けることも一案です。いくつかの家賃保証会社を比較検討し、収益的に無理のない補償を付けると安定的な収入が得られます。